20180909

L'empereur (2017)


つまんね。

海中を泳ぐシーン、ドローンでの画など、多少目新しいのがあった程度。
子ペンギンが襲われるシーンとか、死ぬシーンなど、
リアリティのある重要な部分がない。
「キレイキレイ」を見せるだけじゃ何一つ伝わらない。
子供の情操教育にも悪影響しかないだろうよ。
第一弾の"March of the Penguins (2005)"の方が良かった。

20180818

Mission: Impossible – Fallout


面白かった。

良くも悪く「マッカリーだな」って感じ。
アレック・ボールドウィンが、あっさり死んで驚いた。

つーか、トム・クルーズはバケモノか。
前も書いた気がする。これ笑

OCEAN'S 8

[
あっちゃー。
って、感じ。

「ジェンダー」とか、そういう建前を意識して撮ったんでしょうね。
そういうの特に関心ないし、どうでもいいけれど、「なんで撮ったの?」って感じ。
コンセプトが同じなだけで、こうも見劣りするとシラケる。

オリジナルをリメイクした、オマージュと練り込みの十分されたストーリーと、
「キャラもの」を上手くまわせるソダーバーグの妙味があった11は、
やっぱり続編何本撮ってもこえられないんだね。

20180708

Isle of Dogs


あまり面白くなかった。

プロットがお粗末過ぎ。
楽しめなくはないけれど、いろいろ大雑把すぎる。
まあ、フィクションに目くじら立てるのもアホだけれど、
いろいろ日本人に対して失礼だなあって。
判ってやってるとしたら、いい度胸してんな。
出てるキャスト陣が豪華過ぎて笑っちゃった。

多分、この映画で一番面白いのはメイキングだと思う。
本編より面白かった。

万引き家族


つまんなかった。

人間の関係性と距離感を描いているんだろうと思うんだけれど、
なんか描いている距離感が、突き放すような距離にあるように思えた。

作品としては熟れているけれど、なんか闇が足りないというか。
ある程度ライトな層に向けて作ってる感じがした。
社会的、政治的問題を抜いて描いたんだろうね。

パルムドールを受賞したことで注目浴びてるけれど、
作品としては、賞でも獲らなけりゃ、単なる入らない映画だったろうなと思う。

この映画ダシにして「格差」連呼してる無教養な奴らが増殖してキモイ。
どんだけ生ぬるく生きてきたんだか。

音楽が素晴らしかった。

モリのいる場所


そこそこ楽しめた。

山崎さんと樹木さんの絡みの芝居が見れて良かった。

展開がダルくならないように工夫しているのが良かった。
でもちょいちょぶっ込んでくる小ネタはいらね。
上滑っちゃってて見てるこっちが、こっ恥ずかしかった。

フジコ・ヘミングの時間


ちょっとダルい。

カメラマンあるいは監督の自己満足的なショットが余計。
なんか「こういうの入れておけばいいんでしょ」的な感じがイヤ。
ドキュメンタリーとしてはTVっぽいのが違和感。
この監督、映画の人じゃないんだろうなって感じ。

大月ウルフさんを出した意図が全然判らない。
要らんやろ。

フジコ・ヘミングについては、昔ETV特集の放映後に、
外タレ扱いで妙なブレイクの仕方をしたのを目の当たりにしていたので、
ブレイクに乗っかる人、それを批判する自称クラシック好きな人、
どっちもアホくさく感じて敬遠していた。

今回のドキュメンタリーを通して、初めて接する機会を得た。
「昭和の職人」という感じの人という印象。
もっと、おばあちゃん先生な感じだと勝手に思っていたけれど違ってた。
うまい言い方がわからないけれど、情報量が多いなって思った。
メロディラインが表情豊か。
そう弾いているのではなく、にじみ出てる感じ。
感性豊かだけれど無骨な感じで、テクニカルではないけれど多弁。

この人の感じ方は、結構好き。
酸いも甘いも噛み分けてきて、
どうしてあんなに感性豊かでいられるんだろ。