20180602

Deadpool 2


クソおもしろかった!

最初から最後まで、画面にセリフに音楽に、ノンストップで小ネタ満載。
抱腹絶倒っつーか、観てるうちにゲラになっちゃってた。
予備知識なくても楽しめるし、予備知識あるとほぼ笑い通しになる!

クオリティーが非常に高いのは観ててはっきり解る。
宣伝にも相当な金額突っ込んでるし。

たぶん「3」はない気がする。
観たいけどさ・・・・・・。



20180527

孤狼の血


おもしろかった。

東映のヤクザ映画の手法で、刑事ドラマを描いてる面白い作品。
でもストーリーの転がし方をみると、東映な感じが薄い。

これ観ると、アウトレイジがヤクザ映画とは別の視点で作られてるのがよく分かる。
あれは「ぶっ殺すシーン」ありきで作ってるから、所謂ヤクザ映画じゃない。

Pacific Rim: Uprising


いまいち。

「あー、やっちゃった」って感じ。
安易に続編つくっちゃった感が満ち溢れてる。

そもそもギレルモ・デル・トロの怪獣愛が核だった前作。
独創的でマニアックな映像表現とストーリ、
ハチャメチャだけど成立している怪獣映画の世界観、
そういうのが上手に混ざって作品として独特な輝きがあった初作。

あれに比べると、ちょっと酷い。
しかも、安易なストーリーの転がし方しているわりには、
なんか不器用に仕上がってる感じが。


お台場で観た帰りに、久しぶりに水上バス乗った。
短時間だけれど、あれから見る東京の風景は大好き。

20180520

Avengers: Infinity War


うーん。だるい。

ここまで大仕掛けになりすぎると程よいテンポがわかんなくなる。
シリーズ長すぎちゃって、ちょっと時代遅れ感が出てる。

キャラクターがインフレ起こして、挙句の果てにボロボロ死んてってのは、
ジョークなのか単に次作のギャラ削減目的なのかしらん。

ストーリは淡々と、こなさなきゃいけないところまで無難に転がした感じ。
ブラックパンサーが、なんというか足引っ張ってる感が……。

スパイダーマンを軽くして、ガーディアンズ入れたのは正解だと思う。
ストーリの絵空事感が適度なレベルに落ち着いてた。

Ready Player One


面白かった。

ポップコーンを派手にひっくり返した感じの楽しさ。

デロリアンがスピルバーグ映画に出てるのは胸熱だった。
チャッキーを投擲武器として使うとか天才か!?
金田のバイクにエンジン音させてんのはムカついた!
"Holy hand grenade of antioch"ってホーリーグレールに出てきたやつまんま!
どうせなら"One,Two Five!""Three,sir.""Three!"で投げてほしかった。
東宝v.s.サンライズの戦いは、別の意味で楽しかった。
メカゴジラがあんなにキビキビ動いてるの違和感しかねーわ笑
サンリオの赤いリボンのヤツが出たのには正直驚いた。

版権交渉すっげー大変だったろうな。
原作読みたくなった。

今後の映画の明るい可能性と、危うい側面の両方がはっきりと見て取れた。
言うだけ野暮だからあれだけど。